ヒアロディープパッチの副作用について!成分の危険性は?

世界初の技術を採用したマイクロニードルを使用したヒアロディープパッチ!

刺すヒアルロン酸とも言われていて今、注目を浴びている商品です。

お肌に直接、刺すことで、今まで届きにくかったお肌の内側までしっかりと美容成分を届けてくれるのが特徴です。

しかし、刺すヒアルロン酸と聞くと、

  • 痛いんじゃない
  • なんだか怖い
  • 危険じゃないの?
  • 副作用は大丈夫?

とか思ってしまいますよね。

ヒアロディープパッチの成分に副作用の危険性はないのでしょうか?

成分について詳しく紹介していきます。

ヒアロディープパッチは副作用はある?成分の危険は?

ヒアロディープパッチは、マイクロニードルという微少の針をお肌に直接刺します。

お肌に直接刺すものなので成分に危険なものはないのか?調べてみました。

まずは、ヒアロディープパッチの全成分を紹介していきます。

【全成分】ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、グリセリン、アデノシン、ユビキノン、パルミチン酸レチノール、コーン油、マンニトール、トコフェロール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フェノキシエタノール、水添レシチン、コレステロール、キサンタンガム、ココイルサルコシンNa、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

ヒアロディープパッチは、ヒアルロン酸メインで作られています。

ヒアルロン酸は加齢とともに減少していってしまうのはご存知ですか?

20代から既に減少が始まり50代では、20代に比べて半分以下の45%・60代になると20代に比べて、なんと25%まで減少してしまうんです。

若い時のお肌に比べて、潤いやハリがなくなってしまうのは、ヒアルロン酸の減少と深く関りがあります。

ヒアルロン酸は、1gで水6Lも保持するほど保水力があります。

お肌の内部にヒアルロン酸が増えることで、お肌の内部の水分量が増えて潤いやハリに繋がるということです。

そんな、ヒアルロン酸をメインにヒアロディープパッチは作られています。

その他にも、コラーゲンやプラセンタといった美容には欠かせない成分を配合しています。

副作用を引き起こす成分は一切含まれていません

ヒアロディープパッチをお肌に貼った時に、チクチクします。

大丈夫?なんて思いますが、これはお肌にマイクロニードルがしっかり密着した証拠になりますので問題ありません。

チクチクするのも最初の15分~20分くらいで、だんだんとチクチク感もなくなってきますので安心して下さい。

また、成分へのこだわりとして

無添加・無合成色素・パラベンフリー・アルコールフリーなど、不要なものをヒアロディープパッチは省きヒアルロン酸メインで作られています。

ヒアロディープパッチは効能評価試験済みなので、敏感肌の方にも安心して使用できます。

ヒアロディープパッチの品質は?

ヒアロディープパッチは安心の日本製で品質にも拘っています。

北の快適工房では、何度も実験を繰り返し、「ビックリするほど良かった」ものだけを商品化しているんです。

流行商品ではなく、満足して長年愛用される商品だけを商品化するほど拘った会社です。

その拘りが、リピート率約94.4%に繋がっているのかもしれませんね。

ヒアロディープパッチの成分や副作用まとめ

ヒアロディープパッチの成分や副作用の危険性について紹介してきました。

ヒアルロン酸メインで作られているヒアロディープパッチは、不要なものを省き、成分にも拘って作られていました。

敏感肌の方にも安心して使用出来るように作られていて副作用の危険はありません。

  • モンドセレクション2017・2018金賞受賞
  • リピート率約94.4%
  • 日本一の売上実績

など、ヒアロディープパッチは、多くの方に支持されている実力のある商品だと言えますね^^